​各種認証のご案内

HACCP認証(基準A)

当センターの「HACCP認証」は、国際的に通用するコーデックス・ガイドラインに準じた審査を行います。また、FSMS(食品安全マネジメントシステム)に関する要求事項を含み、将来的な「ISO22000」への取組みにもつなげることができる第三者認証規格です。このスキームは、「品質管理」、「清掃・殺菌作業」、「防虫防鼠作業」等の「一般的衛生管理」の責任者として、食品製造の最前線に従事したプロフェッショナル達が、経験と知識を集めた「最も現場を知る」規格となっています。現場環境を重視し、従業員教育やマニュアル、記録の整備など、「当たり前のこと」が「当たり前にできている」ことが要求されます。また、審査員の主観や解釈の相違により、不公平な審査とならないよう、明確で、わかりやすい認証基準となっています。

基準B認証/GMP認証

当センターの「基準B認証/GMP認証」は、HACCPシステムの基礎となる一般的衛生管理が、整備されていることを審査により認証します。「HACCP認証」取得を目指す食品製造にかかわる事業者様にとっては、目標達成のためのファーストステップとして、土台作りが全社レベルで浸透していることを確認することができます。また、小規模食品製造施設様や飲食関連事業者様、食品スーパー、給食施設様等には、各業界団体が作成した「手引書」に基づいて衛生管理計画が作成されているか?また、計画に基づいて実施したことが明確に記録されているか?厚生労働省が進める「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理(いわゆるHACCP導入型基準B)」を満たしていることを証明する認証となります。

Please reload

© Copyright 2018 Japan HACCP Certification Center All rights reserved.